酸塩基平衡の基礎~酸塩基平衡を保つためのしくみ~

Ⅴ まとめ

Ⅴ まとめ

以下に産生された不揮発性酸の処理について図10にまとめた。このように、酸塩基平衡では、緩衝系によるpH変動を少なくする仕組みと、肺(揮発性酸の排泄)、腎臓(不揮発性酸の排泄と消費したHCO3の再生)が重要な役割を果たしている。SectionⅡの図2と併せて参照されたい。


ページトップへ戻る
y.画像alt



参考文献
1)飯野靖彦:一目でわかる血液ガス第2版, メディカル・サイエンス・インターナショナル, 2013
2)飯野靖彦:日腎会誌, 43(8), 621-630, 2001
3)レジデント, 6(9), 医学出版, 2013
4)レジデントノート, 14(6), 羊土社, 2012
5)福井俊夫:酸塩基平衡の基礎と臨床(内科篇), 真興交易(株)医書出版部, 1980


step by stepによる酸塩基平衡異常の診断ポイントへ →

ページトップへ戻る