尿路管理

尿路管理の重要性

図1.
各pHにおける尿酸の溶解実験
尿酸は尿pHが低下するほど溶けにくい

高尿酸血症・痛風患者は腎障害や尿路結石を合併する頻度が高く、その発症には高尿酸血症、高尿酸尿症、酸性尿が重要な役割を担っています。

尿酸の溶解度は、酸性側では低下し逆にアルカリ側では上昇します(図1)。また、高尿酸血症の患者の尿は酸性尿(pH6.0未満)を呈することが多い(図2)と報告されています(その背景にはインスリン抵抗性の存在が示唆されている)。つまり、高尿酸血症患者においては、酸性尿が原因による尿酸結石のリスクが上昇するわけですが、尿酸以外の結石においても、酸性尿が発症に関与しているとの報告もあります。尿路結石症とメタボリックシンドローム関連疾患との係わりも明らかにされつつある今、尿路結石症も生活習慣病のひとつと考えて積極的に予防することが大切です。
さらに最近、高尿酸血症に酸性尿が加わるとCKD(慢性腎臓病)の発症リスクが有意に高くなる(図3)との報告もあることから、酸性尿の是正は腎障害や尿路結石の予防において重要な治療といえます。

ページトップへ戻る

尿路管理の実際

腎障害や尿路結石の予防や治療を目的として、まずは食事療法による酸性尿の是正(野菜や海草などの尿アルカリ化食品の摂取や動物性たんぱく質などの尿酸性化食品の摂取制限)を試みて、必要に応じて尿アルカリ化薬による酸性尿の是正を行います。また、尿中の尿酸の溶解量を増加させるため、飲水による尿量の確保も行われます。実際には一日尿量を2,000mL以上に保つように飲水指導をします。

(参考)大野岩男:
メタボリックシンドロームにおける高尿酸血症の意義とその管理(細谷龍男、下村伊一郎 編)フジメディカル出版、pp. 113(一部改変)

図2.
高尿酸血症者の尿pH(男性)

(出典)國木ら:
診療と新薬35(8),765-767,1998

図3.
尿酸値/尿pHとCKD発祥リスク

※虎の門病院の人間ドックを受診し、当初CKDを発祥していなかった男性7,024名の追跡データ(最長10年間)を年齢調整して解析した。
(出典)辻、 原ら:
第50回日本腎臓学会学術総会(2007年、浜松)発表データ

ページトップへ戻る

尿アルカリ化療法 - 食事療法

食事療法において、尿をアルカリ化する食品の摂取を推奨します。尿をアルカリ化する食品、酸性化する食品の例は以下のようになります。

y.画像alt

(出典)4訂食品成分表

ページトップへ戻る

尿アルカリ化薬の適応

食事療法によって酸性尿が是正されない場合は、尿アルカリ化薬の適応となります。

y.画像alt y.画像alt
ページトップへ戻る