高尿酸血症・痛風の治療指針

監修者のことば

監修 : 東京慈恵会医科大学 名誉教授
慢性腎臓病病態治療学 教授
日本痛風・核酸代謝学会 理事長
細谷 龍男

高尿酸血症・痛風の治療目標は、高尿酸血症の是正により痛風関節炎の発症を防ぎ、痛風結節の縮小をはかることですが、さらに重要なことは、尿酸塩沈着による合併症である腎障害(痛風腎)や尿路結石を発症、進展させないことです。そのため、尿酸降下療法とは独立して、尿路管理を十分に行う必要があります。

高尿酸血症、痛風の治療

各項目の治療に関するポイントをご紹介します。

尿路管理

高尿酸血症・痛風の治療には、尿路管理が非常に重要になります。尿アルカリ化療法を中心とした、尿路管理についてご紹介します。

ガイドラインを実地診療に生かすために

「高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン 第2版」を実地診療に活かす方法をフローチャートでご紹介します。

私の処方事例

高尿酸血症・痛風患者への薬の処方事例をご紹介します。

ページトップへ戻る